[翻訳記事] Pizza as a Service 2.0

個人的に興味深いなと思ったので翻訳します。

この記事は、こちらの記事の非公式翻訳記事です。画像は全て元記事から引用しています。元記事の権利侵害を目的とするものではありません。問題があれば消去します。

Disclaimer: This is an unofficial Japanese-ported article of this. I referenced all images from the based article. I don’t intend to violate the original author’s right. If there are some legal problem, I’ll delete this article.


Pizza as a Service 2.0

以前、私は近年のITデプロイメントにおける、様々な種類のクラウドサービス形態を説明しようと試みてきました。多くの人のように、私もまたアナロジーを用いて説明を試みました。それが以前から人気の、「Pizza as a Service」です。

1_peN3l27025YUoY0FEqllVA

しかしながら、この例えを使おうとすればするほど、不自然になってしまいます。私が感じた難しい点は次の通りです。

  • オーブン、電気、ガス、ダイニングテーブルなどに例えた要素が、IaaSで提供されないようにみえる
  • PaaSの利点は、「日常的な」全ての物事が既に用意されており、利用者が素晴らしいアプリケーションの作成に専念できるスペースを提供することです。しかしこのアナロジーでは、確かにピザ自身は提供されますが、飲み物や食べる場所が提供されません。
  • SaaSにより、ベンダーが全てを管理しているように見えるので、何もする必要はないように見えます。しかし現実的には、あなたは製品の設定を行う必要があります。(あなたのメールアドレスあるいは背景画像の設定だけであったとしても)
  • また、aaSファミリーにはまだいくつかの重要な追加部分があり、それが無視されます。例えば、Function as a Serviceなどがそれです。

あまり物事を考えすぎるものではありません(!)、私はいくつかの最近のaaSファミリーに関する記述を含むよう図を描き直し、違いを明確にすべく、よりふさわしい要素を取り入れることを決めました。

まあ前置きはこれぐらいにとどめて、「Pizza as a Service 2.0」を召し上がれ。

1_WIxe9rvePZWX-VQgZDgMpQ

詳しくいうと、

  • On-Premises (オンプレミス)
    • オンプレは手作りピザのように、イチから作るものです。すべてあなた自身が行います(以前との変更はありません。) データセンターがその例です。
  • Infrastructure as a Service (IaaS)
    • キッチンを他人と共有します。設備、オーブンなどは提供されますが、ピザを作って焼くのはあなた自身です。FC2がその例です。
  • Containers as a Service (CaaS)
    • あなたがピザを持ち寄り、誰かが設備を使ってピザを焼き、あなたに提供します。ECSがその例です。
  • Platform as a Serfice (PaaS)
    • あなたはピザを集めるために注文し、ピザ屋さんが自身の施設を使ってピザを作って、焼いて、あなたに提供します。App Engineがその例です。
  • Function as a Service (FaaS)
    • 友だちと一緒にピザ屋さんに行きます。レストランでピザを注文して食べます。バードリンクを注文し、あなたのためにバーテンダーがドリンクを作ります。AWS Lambdaがその例です。
  • Software as a Service (SaaS)
    • あなたは誰かの家で催されているパーティへ行きます。彼らはピザを提供し、多くの人を招待します。ゲストとの会話は依然としてあなたの責任です!Gmailがその例です。

より技術的な点において、私はいくつかの抽象的な概念のレベルを端に追加し、実際の実装という観点から私が考えていることを見ることができるようになりました。おそらくわずかに物議を醸す点は、スケーリングレベルです。私は、PaaSとFaaSの違いを強調するためにそれを使うよう試みました。PaaSでは、例えばHerokuにおいて、いくつDynoを実行すべきかというふうに、スケーリングの管理方法について懸念する必要があります。

うまくいけば、それはより違いの説明をセンスのよく行えるものになると思います。

…多分また少し考えすぎたかも。

いずれにしろ、私はあなたのコメントや考え、向上に関する提案などを歓迎しています。

オリジナルの投稿が、私のブログにあります Pizza as a Service 2.0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください