面白いゲームにするため

僕は今、ゲームを作っている。そのゲームはシナリオを持つ。

シナリオは、作る人の癖がすごく出ると思っている。僕はシナリオを書くのが苦手だ。書いてるときはテンション上がってて、いいゲームになるゾ〜〜って書いても、数ヶ月後見返すと恥ずかしくて見ていられなくなる。

良いゲームとは何か、僕はここ数日間考え続けていた。

2017年の終わりには、数々のゲームに触れた。アンテ、ポケ森、どうぶつタワーバトル、マリオオデッセイ。様々なゲームを遊んだり、考察サイトを見たりしてなるほどとおもったことがあった。

面白いとおもったゲームは、どれも目標が明確で、そしてそれをこなすことが気持ち良いのだ。いや、むしろこれはゲームとして必須であるべきだ。しかし、今現在の僕の構想は、必ずしもこの論理を満たせるのか確信が持てないものだった。

数年かけてゲーム制作をするつもりだが、苦労の末に生まれたゲームが自己満足で終わってしまうのは最悪でしかない。

一度、世界観を含めすべて見直してみることにする。時間をかけることは変わらないが、その時間に見合うほど僕が、そしてプレイヤーが満足できるような素敵なゲームになるように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください